MENU
ひろ
月5桁ブロガー|年子育児奮闘中
年子育児に奮闘するパパブロガー|ブログ開始4ヶ月で月5桁達成|将来が不安▶本業以外に自分で稼ぐ力をつけたい▶未経験からブログにチャレンジ▶安定して収入GET|家族の笑顔のために|子育てしながらでも、ブログで収益化できるコツを発信しています

A8広告掲載URL提出どうする?SWELLプラグインならCSV一括抽出で簡単

2023年12月7日、A8.netのサイト上のお知らせ欄に広告掲載URL提出開始が発表されました。

引用元:A8.net

つまりA8.net経由でアフィリエイトリンクを貼っている場合、アフィリエイトリンクの掲載URLを提出してくださいという事です。

正直アフィリエイトリンクを管理していなかった為、衝撃を受けました。

ステマ規制法に伴って、広告掲載URLを広告主が確認する為だと思われます。

ステマ規制法と対策方法については下記記事をご確認ください。

A8.netへの広告掲載URL提出方法につきましては、下記2通りから選択できます。

A8.net広告掲載URL提出方法
  • CSV提出(オススメ)
  • 広告主毎に提出

CSV一括提出が時間がかからずオススメです!!

ただ、ご自身のブログからA8.netのアフィリエイトリンクをCSVで一括抽出する方法って難しいですよね?

安心してください!SWELLユーザーならプラグインで簡単にCSV一括抽出が可能です。

この記事でわかること

  • A8.net広告掲載URL提出の手順
  • SWELLプラグインで広告掲載URLを一括抽出する方法
  • 広告掲載URL提出時の注意点

私は実際に、SWELLのプラグインを使ってCSV抽出を行い、A8.netに2023年12月14日提出済です。

このように便利な機能が随時更新されるWordPressテーマSWELLの口コミ評判を、実際に使用しているユーザーから集めた記事となります。

SWELLおすすめポイント

①表示速度が速くSEOに強い

②デモサイトと同じデザインに着せ替えできる

③初心者でも使いやすい多彩な機能

④買い切り型で複数サイトで使用できる

⑤更新によって新機能がどんどん追加される

\ 大人気のWordpressテーマ/

目次

実際にやってみた!A8.net広告掲載URL提出手順

私が実際に広告掲載URLを提出した手順を紹介していきます。

SWELLユーザーの方は、プラグインを使用して広告掲載URLをCSV一括抽出できますので、先に下記リンクを確認ください。

>>SWELLプラグインを使用して、広告掲載URLのCSVを一括抽出する。

① CSV提出に必要なデータ

CSVファイル提出時に必要なデータは、プログラムIDと広告掲載URLです。

引用元:A8.net

プログラムIDの確認が必要になりますので、下記にて確認方法を紹介します。

② プログラムID確認方法

プログラムIDとは、「s + 14桁の数字」で構成されている、プログラムを特定することが出来る固有のIDとなります。

確認手順を紹介します。

STEP
A8.netのトップページからプログラム管理を選択し、参加中プログラムをクリック。
プログラムID確認方法①
プログラムID確認方法①
STEP
プログラムIDを確認したい案件の、広告掲載URL管理をクリック。
プログラムID確認方法②
プログラムID確認方法②
STEP
プログラムIDを確認する。
プログラムID確認方法③
プログラムID確認方法③

CSVファイルに、プログラムIDと広告掲載URLを記載していきます。

③ CSV広告掲載URL提出手順

作成したCSVをA8.netサイトにて提出する手順を解説します。

STEP
A8.netのトップページからプログラム管理を選択し、広告掲載URL管理をクリック。
A8.netトップページ
A8.netトップページ
STEP
ファイルを選択をクリックし、CSVファイルを選択
広告掲載URL提出①
広告掲載URL提出①
STEP
アップロードボタンをクリック。
広告掲載URL提出②
広告掲載URL提出②

これで提出は完了です。

CSVファイルを選択し、アップロードした際にエラーが出ることがありますが、主に下記が原因です。

引用元:A8.net

提出手順自体は簡単なのですが、プログラムIDの確認と広告掲載URLをCSVに記載する作業が非常に時間がかかります。

ですが、SWELLユーザーの方はプラグインを使用することで、プログラムIDと広告掲載URLをCSV形式で一括抽出ができます!!

次の項目ではSWELLで実際にCSV一括抽出する方法を紹介します。

SWELLプラグインを使用して、A8.net広告掲載URLを一括抽出する手順

SWELL開発者の了さんが、A8.netの広告掲載URLを一括で抽出してくれるプラグインを開発されました!

実際にこちらのプラグインを使用して、広告掲載URLを一括抽出する手順を紹介していきます。

① プラグインをダウンロードする

プラグインをダウンロードするには、下記ダウンロードページをクリックします。

>>プラグインダウンロードページ

STEP
下の方にスクロールしていき、最新リリースページをクリック。
プラグインダウンロード①
STEP
afilink-extractor-1.0.0.zip をダウンロード。
プラグインダウンロード②

プラグインのzipファイルはダウンロードできました。

② WordPressにプラグインをインストールする。

WordPressにプラグインをインストールする手順を紹介します。

STEP
WordPressにログインして、プラグイン新規インストール追加をクリック。
プラグインインストール①
STEP
プラグインのアップロードをクリック。
プラグインインストール②
STEP
ファイルを選択をクリック。
プラグインインストール③
STEP
ダウンロードしたプラグインデータ(aflink-〇〇)を選択。
プラグインインストール④
STEP
今すぐインストールをクリック。
プラグインインストール⑤
STEP
プラグイン有効化をクリック。
プラグインインストール⑥
STEP
a8リンク抽出と表示されていればインストールOK。
プラグインインストール⑦

広告掲載URLを抽出するプラグインのインストールまでできました。

次は実際に広告掲載URLを抽出する手順を紹介します。

③ 広告掲載URL抽出手順

インストールしたプラグインを使用して、A8.netへ提出する広告掲載URLを抽出していきます。

STEP
a8リンク抽出をクリック。
プラグインインストール⑦
STEP
CSVダウンロードをクリック。
広告掲載URL抽出①
STEP
ダウンロードしたCSVファイルから不要データを削除。

A8.netに提出の際に、データ内に全角文字があるとエラーになる為、1行目(記事url、プログラムID、使用リンクと記載)を削除します。

また、A8.netへ提出するデータは記事URLとプログラムIDのみなので、C列の使用リンクも削除します。

広告掲載URL抽出③

これで、A8.netへ提出する広告掲載URLのCSVが完成しました。

A8.netへの提出手順は下記リンクをクリックしてください。

>>A8.netへ提出方法を見てみる

SWELLのプラグインを使用することで、10分程度で提出が完了しました。

>>SWELL公式ホームページを見てみる!

まとめ

A8.netへの広告掲載URL提出ですが、早めの対応をオススメします。

未提出の場合、今後広告掲載停止などの可能性もありますので、この記事で紹介した方法で提出を行いましょう。

私はSWELLのプラグインにとても助けられました。

SWELLは有料テーマになりますが、表示速度やデザインなど有名ブロガーの方も大絶賛のテーマになります。

買い切り型なので、一度購入することで複数サイトで使用できますので非常にお買い得です。

SWELLの購入方法、ダウンロード方法につきましては、下記記事で紹介しています。

SWELLおすすめポイント

①表示速度が速くSEOに強い

②デモサイトと同じデザインに着せ替えできる

③初心者でも使いやすい多彩な機能

④買い切り型で複数サイトで使用できる

⑤更新によって新機能がどんどん追加される

\ 大人気のWordpressテーマ/

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次